おすすめランキング一覧金利比較

フリーローンは使途が自由なローンです。反対に資金使途が決まっているローンは、目的別ローンと呼ばれ、マイカーローンや住宅ローンがそれに当たります。
フリーローンは、たとえば、生活費や旅行代、ショッピングなど様々な用途に自由に使うことができます。同様に資金使途が自由なローンにカードローンがあります。大きなくくりでは、カードローンもフリーローンの一種となります。ただし、一般的には、カードローンは限度額の範囲なら何度でも借り入れできるのに対して、フリーローンは一度借りたらあとから追加の融資が受けられないローンを指します。そのため、フリーローンは必要となる金額がはっきりとわかっている人向けのローンとなります。一方、必要なときに必要な額を繰り返し利用したい場合は、カードローンが便利です。
利用目的に合わせて、フリーローン(カードローン)をお役立て下さいね。

銀行カードローンが低金利でおすすめ

フリーローンは使用する目的が指定されていないタイプのローンで非常に融通がきく使いやすいローンです。
しかし、フリーローンの今までの弱点と言えば、目的別ローンと比べて金利が高いというところでした。
無担保で借りられるので有る意味当たり前のことかもしれませんが、グレーゾーン金利の頃には年利で20%以上の金利もありました。

しかしグレーゾーン金利の撤廃や総量規制などが導入され、そのような状況は変わりつつあり、低金利の商品が続々と出てきています。


◇もっと詳しく知りたい方におすすめ記事

おすすめ記事 フリーローンは総量規制の対象?対象外?どっち?
特に審査が比較的厳しい銀行系のフリーローンやカードローンは金利が低く設定されており、消費者金融のものを利用するよりも格段に安く済ませることができます。

借りる金額によりますが、最安のところで年間1%台という低金利の商品も登場してきました。返済方法も銀行の口座から自動的に引き落としですし、返し忘れの心配もありません。

フリーローンとカードローンの金利の違いについても注意しておきましょう。
下の図のようにカードローンの金利は5~18%のようにかなりの幅がありますが、フリーローンの金利はそれほど幅が広くありません。

カードローンとフリーローンの金利の違い
(出典:フリーローンおすすめランキング【低金利のフリーローン比較一覧】

多くの場合、カードローンの金利は審査で決まるので、審査を受けるまではわかりませんが、審査で低金利で借りることができた場合、フリーローンの金利よりも安くなる可能性もあります。
ですので、追加融資が必要ないような資金でも、金利の低い銀行カードローンの審査も受けておいて損はないでしょう。



フリーローンの違い

それぞれのフリーローンの違いで注目すべきポイントはどこでしょうか?

まず第一に金利があげられます。最近は下限金利は競争によってかなり低くなり、各社ともそれほど大きく違わないですが、上限金利に注目しましょう。

借り入れ金額が低い場合は一般的に上限金利になることが多いと思われます。

上限金利は金融機関によって10%前後から貸金業法の上限である18%までおよそ倍ぐらい違いますので、単純に利息が倍ぐらい変わってきます。

下限金利の差は1%とか2%ですが、上限金額の差は5%以上になってきます。借入予定額が少ない場合は、特にチェックしておきましょう。


◇もっと詳しく知りたい方におすすめ記事

おすすめ記事 フリーローンは金利で比較!

もうひとつ、注意しておきたいのがATMの場所です。

借り入れ、返済はATMで利用することも多いと思いますが、金融機関によって利用できるATMが異なりますので、生活圏のなかに利用できるATMがあるかどうかもポイントです。

都市圏の場合は多くのコンビニで利用できるサービスを選べばほぼ問題ないかと思います。



フリーローンの審査基準はどうなっているの?

審査で一番重視される事は何?

フリーローンやカードローンを利用する際には、他のローンと同様に審査が行われます。
この審査に通ることで初めて、お金の借り入れができるようになります。

フリーローンの審査基準にはいくつかあり、中でも重視されるのが申し込み者の収入状況です。
業者では貸したお金は確実に返済してもらいたいため、安定した収入がある人かどうかが審査されます。



審査に通る人と通らない人では何が違うの?

具体的には、定職に就いているかが確認されます。
企業に勤めている人間であれば収入が安定しているため、業者も安心して融資することができます。

入社して何年になるかといった、勤続年数も確認されます。
勤続年数の長い人間なら収入が多いことが予想されますし、会社からも信頼を得ていると考えられることから、審査に通りやすくなります。
逆に転職してまだ間もない人の場合、再び離職してしまうのではないかと推測され、審査に悪い影響を与えてしまうこともあるようです。

他からの借り入れがあるかどうかも、フリーローンの審査基準としてあげられます。
申し込み時に返済中のローンがあると、新たな借り入れを行っても返済できなくなってしまう可能性があるからです。
同じように複数の会社からお金を借り入れている人も、返済が滞るリスクがあるとみなされてしまいます。

過去にローンを利用している人でも、すでに問題なく返済を終えているのであれば審査に通る可能性が高くなります。


◇もっと詳しく知りたい方におすすめ記事

おすすめ記事 フリーローンの審査は早い?
おすすめ記事 フリーローンは派遣社員でも審査に通るの?
おすすめ記事 フリーローンの審査に落ちる理由を知りたい!!

条件の良い注目のフリーローンは?

少額を何度も利用するならおすすめのカードローンは無利息キャンペーンが適用されるものです。

無利息キャンペーンを実施しているローン会社はプロミスとレイクが存在しており、両者ともに三十日間は借り入れ全額を無利息の状態におくことができます。

レイクの場合は選択できるシステムになっていて、他に5万円まで180日間無利息と言うものを選ぶこともできます。これは非常に借り入れ側としてはうれしいことですね。

一ヶ月間あれば大抵の場合、給料などお金が入る機会があります。よほど高額でなければ利息を一切かけずに前借してお金を使えるようになるのと同じで、ピンチのときには非常に心強いサービスになるでしょう。

しかしこれらは一度だけのサービスで初回限定と言う特典であります。つまり、二回目以降は利息がかかってしまうので、奥の手としてとっておくべきでしょう。

もう一社無利息サービスを行っているのがノーローンという会社です。

こちらは何度でも一週間利息なしというサービスを展開していて、頻繁に消費者金融を利用して、多少であれば利息も払うけど、できれば少しでも抑えたいな…と言う人に人気の商品です。

もちろん給料日直前ならば無利息期間に返すのを前提にした使い方もありでしょう。


◇もっと詳しく知りたい方におすすめ記事

おすすめ記事 プロミスで最短即日融資を受けるには?有効活用したい無利息期間にも注目
おすすめ記事 新生銀行カードローンレイクを徹底検証!無利息期間が選べる!即日審査は何時まで?





同じカテゴリーの最新の記事